アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
rongりこ
ブログ紹介
zoom RSS

レトロPC用?LCD

2017/09/18 17:39
cocoparの13.3インチLCD
昔の8bit/16bitパソコンなんかの映像信号を結構問題なく拾える、ということで
一部界隈で話題になっていたので確保してみました。
まぁ、いまさら8bitパソコン使うのか?といわれれば……そこはそれ。

で、さしあたり特定の何かをつなげようということは無いのですが
ふと、ゲーム機なんかを繋ぐんであればレイテンシ(表示遅延)
どのくらいなんだべか?と気になったので、手じかのFPGAで
信号発生器を作って確認してみました。

画像

久々の開発環境で多少手間取りましたが
なんとかとりあえず1日半ほど潰して完成。

左から右に流れる表示を、基板のLEDと画面に行ってずれを確認する、というものです。


まず手始めにいつも使ってるSHARPのテレビ。
画像


ちょっと見にくいですが、LEDは左から4個目が点灯してます、対して画面表示はまだ2つ目。
大体2フレーム(VGA60Hz)くらい遅れているようですね。
LCDは構造上内部のメモリなんかに一旦画像をためてから画像処理をして
LCDのコントロールタイミングで表示をする、みたいなことをやりますので、
まぁ普通のテレビだとこんなもんでしょうか。

これがたとえばブラウン管だと…
画像

遅延は有りません。
入力された物がそのままアナログ回路で処理されて管面に投影されてますんで、
まぁ、ほぼ光の速度で(?)表示されてるわけです。


さて、じゃぁ今回入手したLCDはどんなもんか?
画像


を、1フレームくらいで収まってる。これは結構がんばってる。
「ゲームモード」みたいなのがあるモニタも有りますけど、そんな感じですね。
これくらいだと格ゲーでもまぁ許せる範囲なんじゃないですかねー。
これで世界は救われる。
自分格ゲーあまりやってなかったんですけども。


この液晶、一部アーケード基板も映せてるという話もありますし値段もお手ごろなんで、予備に
もう一台買っておいてもいいかもなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

rongりこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる